ワンシーズン着ない服は買取店に出してみよう!

着ない服を高く売るためのテクニック

捨てるぐらいなら売る選択を

いらなくなった服、タンスの肥やしになっていませんか。 タンスの底でシワシワで発掘され、こんなのあった!と思い出すこともしばしば。 存在さえ忘れていた、ワンシーズン着なかった衣装はさっさと売りに出したほうが賢明です。 スペースをよけいに食っているものは処分し、新たな収納として利用した方がお得です。

ネットでの買い取りも視野に

最近ではネットで買取してくれるサービスもあります。 近くに売れる店がないという場合でも、また、わざわざ出かけるのが面倒だという出不精なあなたでも、ネットならば、パソコンひとつでどこからでも売れます。 箱に詰めて、宅配物として送ればいいだけです。場合によっては、引き取りに来てくれるかもしれません。

買わないという意思

売りに出して、新しい服を収納できるスペースができた!と喜んでいるあなた、少し待ってください。 新しく服を買ったとして、それ、本当に着ますか? またどこかにその服を売りに出すようなはめにならないでしょうか。 ワンシーズン着ない服を売るなら、その前に買わないということも大切なのかもしれません。

いらない服を発掘したら

せっかくショッピングに行ったのに、何も戦果がないというのも悲しいものです。せっかく、来たなら何か買っていきたいもの。
いえ、例えそうでないとしても、ステキなものを発見したら、買わずにいられない、それも人間の悲しいサガですよね。
その結果、タンスの引き出しの中で着なくなった洋服が層をなしている、なんてことありませんか?
特に底の底の方にある服は、もう何年も着ないまま、時を過ごしていたりしませんか?
そんな着なくなった服はそうそうに処分してしまうべきです。

古い布製品としてゴミ出しの日に出してしまうのは、とても簡単です。
しかし、ほとんど着ていない服を、特にそれがブランド服ならば、なおさら、捨てづらいもの。着なかった自分が悪いのだとしても、それはあまりにも、もったいないですよね。
とは言え、なかなか喜んで、もらってくれるような人は見つかりません。
よほど趣味や気の合う友達がいれば別ですが、周囲にいるみんながみんな、あなたがステキだと思った服を、同じようにステキだと感じてくれる人ばかりではないでしょう。

そんな時にこそ、それら着なくなった衣服を、買い取りしてくれるお店に売ってしまうといいでしょう。
まだまだ着られそうな、新品同様の服ならば、買い手がつくかもしれないですし、お金にもなって一石二鳥です。
あなたの感性に同調してくれる、知らない第三者が、あなたの服の新しいオーナーになってくれるかもしれないのです。

これであなたの買った服が、新品同様で捨てられることで、悲しい想いをしなくてすむのです。

おすすめリンク

宝石の買取で損しない売り方

ジュエルボックスに眠る思い出詰まった宝石を、買取に出したい時、損をしたくない人に読んでほしい話