>

捨てるぐらいなら売る選択を

この記事をシェアする

流行はあっという間に去ってしまう

着なくなった服を、売りに出すならできるだけ高く売りたいですよね。
ならば、季節の変わり目には、必ず衣装ダンスを整理するようにしましょう。
そして、もう着ないなと思う衣服があったら、すぐに売ることをおすすめします。
なぜなら、服には流行りすたりがあるからです。

とにかく、ファッションの流行は日進月歩です。流行していたものほど、去るのは早く、1年も経たずして古く感じてしまうものです。
ワンシーズン越えて、さらに1年と経過するとなるとすっかり流行から遅れ、査定で低くみられることも少なくありません。

それでもブランドの場合は、そこそこの値段がつくこともありますが、ノーブランドだと査定対象外になって、買い取ってさえもらえないことがあるのです。

いろんなお店をまわってみよう

ブランドかノーブランドかの線引きは難しいものです。

それでも、シャネルやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドとなれば、わかるのですが、ユニクロやGUは?あるいは109はどうなの?ということもあります。
実は買い取る店によって、ブランドかノーブランドかの区別が違うのです。

その店で、どの服がブランドとして高く買い取ってくれるか、複数の店の査定額を見る相見積もりを取ってから売ったほうが賢いと言えます。

その他、店舗の在庫状況、シーズンによって査定額が変動することもありますし、高く買い取りをするキャンペーンを実施している場合もあります。

あちこちの店を回るのは大変ですが、フットワーク軽く高く買ってくれるお店を探したほうがお得です。