>

ネットでの買い取りも視野に

この記事をシェアする

ネットサイトの売却額は少し高い?

もし、店を回るのが面倒だという人は、ネットのサイトを利用してみてください。
いろいろとお店を回ってみたものの売れなかったものを、ダメ元で出品してみるのもありかもしれません。
場合によっては、店よりも高く買い取ってくれることがあるでしょう。

実店舗もないし、人件費もかからないので、その分を買取値段に上乗せしてくれる場合があります。

売却する服を箱詰めして発送する場合も、その運送料をネットショップ側が負担してくれることも少なくありません。なので、気楽に発送できます。
ただし、査定に不満だった場合、発送した荷物を手元に戻してもらわなければいけませんが、その場合、返送の料金は負担しなくてはならないということもあるので、注意しましょう。

お気軽に利用可能!フリマアプリ

他にもネットで服を売る場合には、フリマアプリというものもあります。
フリマアプリを利用すれば、服が欲しい別の個人に売ることができるのです。

スマホについているカメラを使って売りたい服を撮影し、出品すればいいだけです。
お手軽さがウケて、利用者は増えていると言います。

ただ顔の見えない売買は不安…という方にはおすすめはできません。
売るのは中古。届いてみないとわからないことも多く、使用感などを記述する際も気をつけなくては、トラブルのもとになります。
特に傷みや色あせなど、人の感覚で異なってくることもあります。自分は問題ないと思っているわずかな傷でも、相手は気になるものかもしれません。

売りに出すものの状態は、こちらの思い込みではなく、客観的で正確な情報を伝えることが大切です。