>

買わないという意思

この記事をシェアする

査定額を上げるために売る前にやること

売りに出す時は、できるだけいい状態にしておくのがよいでしょう。

例えば、シミやシワは査定の際にマイナスの要素になります。
しっかりとシミ抜きをし、洗濯機にかけて、アイロンをあててください。
防臭剤などの匂いがする場合は、陰干しをしておくといいでしょう。
シミ、シワ、匂いに関しては、それだけで十分、よい状態にすることができます。

ただし、そこまでやってもくたびれた感が出る場合は、査定で残念な結果になることは覚悟してください。
また傷が大きいものや汚れがひどいものも、査定対象外となるでしょう。
あまり売りに行こうなんて人もいないでしょうが、学生服や制服、剣道着、柔道着など特殊な衣服も基本、買い取ってもらえないと思ってもよさそうです。

なぜ着ないで売ることになったか考える

古い衣服を売ってすっきり、さて、新しい服を買おうとしている人はちょっと待ってください。

新しい服を購入する前に、どうして、着なかった服を売るはめになってしまったのかを考えてからのほうがいいでしょう。
思ったより小さかったから?洗濯が大変だったから?安かったから買ったけど、自分に似合ってなかった?
その理由はいくつかあると思います。

どうして着なかったのか、目の前のよさげな服をもし、買ったとして本当に着るのか。
今までの経験を踏まえたうえで、冷静にそれらを分析してみてください。
そして、結論が出たうえで購入すれば、ほとんど着ないまま、売られてしまう不幸な服は減ります。

ムダに購入するものが減れば、経済的にも嬉しいですし、家の収納スペースも空いて一石二鳥ではないでしょうか。